こんにちは 

先週あたりから 花粉症に苦しんでおります ヒライ でございます。

もう寝れないし 朝は目ヤニで目が明かないし 呼吸もしんどいし 目は痒いしと
今年は去年より辛いなぁと思っていたのですが

ふと この文章を書いていて そういや 去年は3月から5月まで入院していたのだったと思いだし
もう一年経つのねと回顧の念に駆られると同時に
あぁ 改善した生活習慣も元どうりになり 気がつけば体重も20キロ増えて元どおりと
膨らんだ腹を机に押し当て 自責の念に駆られておる次第でございます。

はてさて

この花粉の時期は 外に出たくないな~と花粉症の人の正直な気持ちを代弁し
建築屋さんは そんなこと言ってられんのじゃと 現場へ向かいます。

年末に 設計契約を頂戴いたしました K様邸。

解体工事・地盤調査・現況測量と小波はありながらも順調に終わりまして
計画は順調に進んでおります。

このエリアは 埋蔵文化財の未調査エリアだそうで 届出が必要となります。

その届出は 着工の2か月前に提出しなければならないのです。
また 計画地は 電線も地中を通っているので
仮設電気の申請にも1~2か月前に申請しておかないといけないそうです。

お施主様のご協力もあり 間取りと窓の位置は決定。
住設機器もほぼ決まっているので 申請関係に漏れが無いかのチェックです。

法的な申請には 予想以上に時間かかる場合がございますし
役所は融通全く利きませんので ここで漏れがあったら計画全体の工程に
影響が出てしまうので 建築屋さんとしては しっかりと先回りしておかなければならない所なのです。

更地になった計画地。

何千年も昔どんな生活をしていたのでしょう。
そんな地に 新たに家が建つのは なんだか・・・

なんていえばいいのでしょう。

慣れないロマンティックがとまらない ヒライでございました。

はっくしょん

お読みいただき ありがとうございました。