こんにちは ヒライです。

『私が暮らして思ったこと』 第2弾は 先述のとおり トイレについて考えてみたいと思います。

みなさん ご存知かと思いますが 世界的に日本のトイレは評価が高く
マドンナが 日本のトイレが大好きなのは 有名なお話です。

暖かい便座やウォシュレットのような細やかな技術は日本のお家芸なのかもしれません。
ふと思い出したグァムのゴルフ場のトイレは 便座の脇のコックを回すと
水が勢いよく出るようなタイプでした。 

主要 住宅設備(キッチン・お風呂・トイレ・洗面台)の中で 
トイレが一番使用頻度が高いのではないでしょうか?

例えば私が一日中家にいたとして
3食すべて自炊したとして キッチンは3回。
お風呂は 朝と晩で2回。
洗面に至っては 朝にシャワーを浴びる時に歯を磨いたり 顔も洗ってしまうので
鏡を見ることはあっても あまり使う事は無い状態。

トイレに至っては 大小合わせると 5回は使っているかと思います。

DSC_0138

私のアパートのトイレは こちら。
TOTOのセレストR+ウォシュレット付
価格帯は低め 集合住宅によくあるタイプかと思います。

トイレは排泄する場ですから 衛生的にもキレイにしておきたいところ
外出した時に お店のトイレや公衆便所が汚いとがっかりしたり 敬遠しちゃうのは私だけではないはず(笑)

しかしながら トイレ掃除が億劫なのは私だけでございましょうか?
みなさんは トイレ掃除はどのようにされていらっしゃいますか?

私は トイレに限らず掃除は大の苦手でございまして
『よし やるぞ!!』と気合を入れないと 体が動かない ものぐさ者でございます。
特に 自分の家だと 自分さえよければいいか と思いがちなのですが
あまり 汚れをためておくと後が大変なのも承知しておりますし
友人もよく遊びに来るので 週に一度は掃除をするようにしています。

そんな ものぐさなワタシを助けてくれているのが
トイレスタンプクリーナー スクラビングバブル
使うのと 使わないのとでは 汚れぐあいが大違いです。
ホンマかいな?と半信半疑だった私も びっくり納得の効果です。

お掃除には トイレお掃除シート キレキラで
壁・床・便器 と掃除をします。
建築業界に入り 男性が立って小便をした時の飛散の写真を見てからというもの
壁・床もちゃんと掃除するようになりました。
なかには 男性でも座りションの方も数多くいるそうでございます。

お掃除で実感する めんどくさいなと思う箇所が
フチウラと便器とウォシュレット便座の間のお掃除です。

今 日本の主要なメーカーさんは
『汚れが付きにくい』『お手入れが楽』『節水』が大きくうたい文句に掲げております。
高級クラスには 便座が自動で上がりお手入れ楽々なんてのもありますし
フチなし・フチレスなんてのもあります。

思ったより普通に見ただけではわからない裏側に汚れがついているものですが
フチウラを覗きこむのは難しなので 手を忍ばせ汚れの有無でしか確認できないのは
いかんともしがたいところでございます。

家を建てる時には フチレスを選びたいと切に思った私でございました。

また ここで トイレを選ぶ際に分かれると思いますのはタンクありか否か。
タンクなしのトイレに憧れて~的な話はよくお聞きいたします。

個人的な意見としては 震災や何かの拍子で断水になった際を考えると
背面タンク式のものがいいかなと思っております。

まとめますと 私が選ぶのであれば
背面タンク・淵なし・トイレ室内全体が掃除しやすいシンプルな形状
この3点に重きを置き選定したいと思います。

中にはかっこいいけど バラシにくいものもありますので
そうすると掃除する時に大変だったりするので 注意が必要かもしれません。

家づくりの際に 参考にしていただければ幸いです。
お読みいただき ありがとうございました。