皆さんこんにちは。
ずいぶんご無沙汰しておりました、ヨシコシです。

昨日、物入れを掃除しておりましたら
22年前にネパールを旅した頃の旅日記が
物置の奥から出てきました。
ネパール 旅日記

今はキーボードを入力して出先からでも
FacebookやInstagramなど、
瞬時に人と意識がつながるのですが、

ネパール 旅日記

皆さんご存知ひと昔前は、
旅をしても帰国するまでは
自分が経験したことを人と共有できませんでした。

毎日その日の出来事を克明に記録に残しておりました。

ネパールのコンセント

私の場合、
日記に沢山のスケッチが記されてました。


wheel of exsistance

 face to face

コミュニケーションが直感的な便利さを帯びてきますと、
時間を掛けて人が体を動かすことへの
時間と労力の感覚が徐々に鈍くなってきます。

建築の世界は、
インターネットを介したコンビニエントな動きが
最も反映されにくい業種の一つで、
<簡単・便利>と<大変・苦労>のアンバランスの谷は未だ深い。

逆に言いますと、
手間暇を掛けた建物ほど
建物の付加価値は上がりやすくなります。

本日お引渡しとなった
東京北区の共同住宅も
相当な手間暇を掛けてようやく竣工しました。


共同住宅 デザイナーズ BE-FUN DESIGN 北区 木造

まだ外構土間コンクリート打ちなど
残工事は残っております。

では、どんな建物かWEB内覧会でございます。


設計はBE-FUN DESIGN一級建築士事務所
若手設計者の森さん。

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ

建物の一階は
南北にセランガンバツの敷かれたコモンテラスがあり、
ここを風が気持ちよく吹き抜けていきます。

どの部屋も、
このコモンテラスのおかげで
適度なプライバシー感が保たれております。

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ


3戸の賃貸と3戸のオーナー部。

同じ間取りの部屋は一つもありません。
また、建物の角は、直角部分が数えるほどしかありません。
さらにロフトや吹き抜け、入り口の場所もバラバラ、
最初は図面を理解するのも大変でした。


ガラス張りのサニタリー

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ


ある部屋は、
1階から2階ロフト天井まで
連続した高い吹き抜けになっています。
天井の高さが
とても通常のアパートでは経験できないような
マッシブな空間です。

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ


こうしたユニークな間取りは、
築年数がいくら古くなっても空間の個性が色褪せず、
周辺一帯の競争に巻き込まれることなく
周辺で一人勝ち状態になります。

東京にはこうしたユニークな部屋に住みたいと考えている
個性的な若い方々も他の都市に比べて多いと思います。
一般主流層のマジョリティーを相手にしないところで勝負しています。

BE-FUN DESIGNさんは
そうした付加価値を提供する
共同住宅に特化した珍しい設計事務所さんです。


親しい工務店さんの紹介でこの計画を知ることになり、
施工見積コンペの末、
施工品質と住宅性能面で建主様にご評価をいただき
お仕事をさせていただけることになりました。



明るいバーチのフローリングと
ガラス張りのサニタリー。

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ



ロフトのFRPグレーチング

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ



板張りのアクセント壁

 BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ



造作TVボード。

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ




BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ



750角の大板タイル。

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ



蹴込みのない明るい階段。
強度を担保するのが結構大変でした。

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ



乱尺オークの無垢フローリング。

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ



シナ合板の造作建具。

BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ



実はこの建物は
外周壁まわりに105mm厚のグラスウールで
北海道のⅠ地域の断熱基準を満たす壁断熱仕様になっています。


BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ

オーナー部の窓は
ハイブリッドサッシの複層ガラスでアルゴン入り。
熱交換換気を採用しています。


デザイナーズの共同住宅といっても、
中身は別物の高性能共同住宅。

性能のいい共同住宅は
都内にほとんど存在しませんので、
かなりレアな建物だと思います。

デザインと性能を両立させた
保温性能の非常に高い建物ですので、
30度を超える真夏日でも、
南北の窓を開けて風の動きをつくるだけで、
エアコン無しでやせ我慢せずに過ごせるくらいです。


BE-FUN DESIGN 共同住宅 北区 木造 デザイナーズ


デザインのいい建物を施工できる工務店は沢山あります。

それに加え、
性能も引き上げる提案をし、
温熱環境的な快適さを付け加えるのが
私の仕事の面白みの一つであります。

建築家さんは日の光や外部との連続性が大好き。
とにかく窓ガラスが大きい傾向にあります。

それなのに性能に無頓着ですので、
真夏と真冬の住み心地の悲惨な家が世の中に沢山あります。

せっかく床から天井くらいまでの大きな窓があるのに
実際には、
年がら年中カーテンやブラインドが閉めっきりになっている家
見たことありませんか?


9月10日に
BE-FUN DESIGN様とお客様の共催で、
竣工内覧会を行うそうですので、
ご興味ある方は、ヨシコシまでご一報ください。

デザインと性能が備わった珍しい共同住宅の
ご案内でした。

久しぶりのBlog更新でしたが、
お読みいただきありがとうございました。