こんにちは ヒライです。

例年よりも遅い梅雨が明け 夏も本番といった様子でございます。
近所の公園では 町会の夏祭りが催されたりと
週末は どこからともなく流れる祭囃子を耳にすることも多いのではないでしょうか?

先週の日曜日 お仕事が終わった後、バスに揺られ30分
草加まで出かけて参りました。

お目当ては

837c83x835e815b89e6919c2016[1]

草加よさこいサンバフェスティバル 公式HP
http://www.soka-yosakoi-samba.com/introduction.html

なる お祭りに友人と出かけてきました。

HPを見ると2009年 7年前から開催されていたそうですが
私は知りませんでした。

友人から そういう祭りがやっていることを知り
何故 草加でサンバなんだろう?という疑問に駆られながらも
まぁ 浅草のサンバ(行ったことないけど)の規模が小さいバージョンみたいなものだろうと
勝手な想像をし 夏祭りらしい祭りも何年も行ってないから行ってみようという次第でした。

いざ行ってみますと 予想以上のにぎわいと規模の大きさに圧倒されました。
缶ビールを片手に出店でつまみを食べ歩き。よさこいとサンバを堪能しました。
踊っている人たちも 素人に毛の生えたような方からプロのような方まで様々でしたが
一様にみなさん 楽しそうに踊られていて とても良い表情が印象的でした。

楽しかったのでなおさら由来などが気になり HPを覗いてみたのですが
いわゆる『町おこし』の一環で開催されたのがきっかけだそうです。

みなさんは 『草加』ってご存知でしょうか?
ピンとくるのは 『草加せんべい』でしょうかね?

川口に住んでいる私からすると となりの市の草加は
たまに飲みに出かけたりするので 地元ではないけど身近な街ではありました。

そんな身近な街が 『町おこし』的なイベント。
町おこし・村おこしというと 過疎化の進んだ街が観光収入を見越したPRだあったり
活気づける印象があったので
川口と同じ首都圏のベットタウンである草加がするイメージではありませんでした。

なぜサンバなのか?という疑問は解消されませんでしたが、
浅草のサンバの始まりも 浅草の街を活気づけたいというところからなのだと
今回知り得て またびっくりしました。

人は非日常が刺激となり ストレス解消や癒しになるそうです。
缶ビール片手に上機嫌の私は サンバのステップを真似てみましたが
なかなかに難しく 地団駄を踏んでいるだけのようでございました。

今度は 浅草のサンバに行ってみようかな?
お読みいただき ありがとうございました。